一軒家だけでなく集合住宅でも設置可能な住宅用太陽光発電パネル

LATEST NEWS

2018年09月20日
節約にも繋がる住宅用太陽光発電を更新。
2018年09月20日
専門業者に相談をして効率よく住宅用太陽光発電を利用するを更新。
2018年09月20日
自分で使うだけでなく売買も可能な住宅用太陽光発電の電気を更新。
2018年09月20日
専門業者に依頼して住宅用太陽光発電を設置しようを更新。

CONTENTS

節約にも繋がる住宅用太陽光発電

住宅用太陽光発電にかなう節約はなし! 今年の夏は異常気象で暑い日が続きましたね。エアコンつけたいけどもったいないから我慢しよう、1時間だけにしよう。そんな思いをしたことはありませんか?使っていないコ…

もっと読む

専門業者に相談をして効率よく住宅用太陽光発電を利用する

住宅用太陽光発電でお財布も気持ちもリッチに 住宅用太陽光発電を設置すると電気代がかなり安くなります。その理由はいくつかありますから、順番に紹介しますね。まず、発電した電気は使うことができます。つまり…

もっと読む

自分で使うだけでなく売買も可能な住宅用太陽光発電の電気

売ることで利益が出る住宅用太陽光発電 自然エネルギーを使った発電方法のひとつに太陽光発電があります。大規模な敷地を使った法人用の太陽光発電だけでなく、住宅の屋根を使った住宅用太陽光発電を行なう住宅も…

もっと読む

電気代が気になるなら住宅用太陽光発電を考えるべき

電気代の明細を見て、誰でも一度や二度は電気代を節約しようと考えたことがあるでしょう。もちろん電気を使わないのが一番ですが、猛暑や寒い真冬はそうは言っていられません。エアコンなどの家電を使い室内の温度を適切に保たなければ、体調不良を引き起こし、重体となるケースも出ています。電気代が気になるなら戸建の場合、住宅用太陽光発電も視野に入れてみましょう。
屋根にソーラーパネルを設置し、太陽光で電気を作るわけですが、今は新築ではじめから住宅用太陽光発電を考える人も増えてきています。住宅用太陽光発電を始めるには、初期費用は安くはありません。一般的には約100万円はかかると言われています。それでもなぜ住宅用太陽光発電が人気なのかと言えば、売電できる仕組みがあるからです。ソーラーパネルで作られた電気は一般的には自宅でそのまま使用しますが、もちろん余ることもありますね。その余った分を電力会社に売ることで、初期費用やメンテナンス費用を回収していくのです。
もちろん住宅用太陽光発電の設置にはいくつか注意も必要です。一番は周りに高い建物がないか、つまり家の屋根が日陰にならないかです。太陽光発電は曇りの日や日陰では、十分な電気の量を作れません。気になる場合は不安点も含め一度専門業者に依頼し、相談から始めてみましょう。住宅用太陽光発電を始めることができれば、一番の電気代の節約になるでしょう。

集合住宅でも住宅用太陽光発電に対応します!

毎月の電気代を節約を行いたいものの、集合住宅ということで諦めていませんか?電気工事の技術も持っている人であれば、太陽光発電パネルやその他部材を組み合わせ集合住宅でもベランダに設置することができます。しかし素人では困難であり、諦めていませんか?ですが、住宅用太陽光発電の専門業者に依頼すれば、集合住宅でもベランダに設置対応してくれます。
今や太陽光発電パネルも高効率なものが安価で調達でき、自動車用の蓄電池を流用し、家庭内で手軽に使用することが可能になっています。そして、住宅用太陽光発電の専門業者でもこのようなシステムを設計販売しており、設置まで行ってくれます。太陽光発電パネルの設置角度も周囲への影響を考慮してくれ、部屋への配線引き込みもエアコンのダクト穴を利用して行ってくれます。小規模の住宅用太陽光発電でも、照明や映像機器、携帯電話の充電を行うには十分であり、これまで電気会社に支払っていた電気量を節約できます。
小規模であれば集合住宅にも設置し易く、費用も10万円代から行うことができ、費用が高額になるといったこともありません。集合住宅かつ低予算でコストパフォーマンスの高い住宅用太陽光発電の導入を検討しているのであれば、専門業者に相談してみましょう。

世界品質レベルの『太陽光+α』をご提案します。 大切な発電所の売電ロスを最小限に。 創業50年の歴史と、国内35年以上の業界実績で『太陽光+α』のソリューションをご提案します。 不具合の早期発見で、売電ロスを最小化します。 世界累積出荷量12GWを越えた、高品質太陽電池モジュール。 国内35年以上の太陽光発電業界の実績でクリーンエネルギーソリューションを提供します。 太陽光発電に切り替えをお考えの方はSUNTECHにおまかせ

ページトップへ